読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラログ

滋賀県湖北で活動する5人組の「劇団プラネットカンパニー」のブログです。

おお、ないかも!(昌美)

こんにちは。

中川です。

今日から7月ですよ。

1年の後半がスタートです。

7月と聞くと夏!という気がしますが、昨日の夜から天気は雨。

気温も割と涼しいです。

梅雨真っ盛りですものね。

雨の中外を歩くのは嫌ですが、目覚めた時に雨の音がするのは結構好きなんですよね。

妙に落ち着くと言いますか。

そういうわけで、今日はちょっと爽やかな目覚めでした。

良い感じだ。

さて、ではお題にいってみましょう。

「作ってみたい小道具」

うーーーーーーん。

考えてみたのですが、実はないかもしれない。

私、よくよく考えると、能動的に「作りたい!」と思って作ったことってないなと。

北澤の書いた台本があって、で、こんな小道具が必要だって話になるわけなのですが。

例えば、お芝居の中で「電話」が出てくるとします。

電話と言っても色んな電話があるわけで。

時代とか、国とか、置いてある場所、用途によって大きさや形や材質は変わってくるし、あとは芝居の中の使い方で、重くなきゃいけない、軽くなきゃいけない、丈夫じゃなきゃいけない等々色んな制約が加わります。

「この電話、投げるんだよね。」と言われたら、もう投げても大丈夫な電話を作るしかないわけです。

私の場合、それをどうやって実現してやろうか、と考えるのが結構楽しかったりするんだろうなと思います。

まぁ、あまりに難しい条件の場合は

「ねぇねぇ、それ、絶対そうじゃなきゃだめなの?どうにかなんないの?無理じゃない?それ、無理じゃない?」

って北澤に愚痴を言いますけども。

そういうわけで、これを作りたい!

というものはなかなか思い当たらないのです。

でも、個人的には、現実にあるようなものをリアルに作るより、ちょっとファンタジックだったりSFチックな物を作る方が好きかもしれないです。

未来のレーザー銃とかね。

自由な形に作れるので楽しい。

しばらく小道具を作ることはなさそうですが、次は何を作ることになるのかな。

楽しみなような、恐ろしいような、そんな気分です。

では、次はお菓子作りが好きな浩平さん。

最近作ってみたいお菓子があったら教えてください。

ではでは。