読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラログ

滋賀県湖北で活動する5人組の「劇団プラネットカンパニー」のブログです。

スイカの思い出!(昌美)

こんにちは、中川です。

なんだか、妙にブログが回ってきて驚いています。

あれ、この前書かなかったっけ?

まぁ、良いテンポでブログが回ってるのはよきことですね。

さて。

今日は金曜日。

というわけで、毎週お馴染み夕焼けホッとTIMEはエフエムひこねで17時からですよ。

今日はあさこと智子でお届けします。

今日のトークテーマは「夏休みの宿題」。

はるか昔の思い出をたどって、楽しくトークしてくれることでしょう。

宜しくお願いします。

では、早速ですが今日のお題「スイカの思い出」。

スイカの思い出ね。

どれにしようかな。

うちは昔から畑でスイカを育てているので、スイカの思い出は割と豊富ですよ。

そうだな。

小学校低学年ぐらいの夏休み。

私は祖父と祖母と一緒に畑にスイカを取りに行きました。

大玉のスイカを育てていてね、ご存知かとは思いますが、それって結構重たいんです。

で、

「落とすなよ!落とすなよ!」

ってすっごい言われてたのに、案の定落としまして。

怒られるかなと思ったら祖父も祖母も大爆笑。

結局割れてしまったので、そのまま畑で食べました。

それがね、すっごく美味しかった記憶があるんですよね。

冷えてないから甘みをたくさん感じたのかもしれないし、

たまたま美味しいスイカだったのかもしれないし、

いつもと違う場所で食べたから美味しく感じたのかもしれない。

何でかはわかりませんが、すっごく美味しかったんです。

「今までの人生で一番おいしかったスイカはどれですか?」

と聞かれたら、私はあの日食べたスイカの話をすると思います。

以上、スイカの思い出でした。

んん、なんだかいい話になってしまいました。

たまにはいいか。

それでは次は智子さん。

バーベキューの思い出を語ってください!

ではでは。