読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラログ

滋賀県湖北で活動する5人組の「劇団プラネットカンパニー」のブログです。

マサミとハサミはちょっと似てる!(昌美)

こんにちは、中川です。

台風が近づいてきているようですね。

風というよりは雨がメインの台風のようですが、被害が出ないといいのだけれど…。

心配です。

さて、先週の日曜日に、劇団ホームページのトップ画像を更新いたしました。

テーマはお月見です。

よかったら覗いていただけると嬉しいです。

http://planet-company.com/

さて、では早速お題にいってみましょう。

「好きな文房具」。

私も、北澤と一緒にヨーロッパ企画の遊星ブンボーグの接近を観に行きました。

文房具好きにとってはたまらない世界観です。

その世界に私も入れて欲しい…!

そんなこんなで、私は文房具が全般的に好きです。

詳しくはないけども、お店で眺めるのが楽しいです。

そんな私が一番好きな文房具は、ぶっちぎりでハサミですね。

ハサミと紙とテープがあったら、大抵の物は作れるんじゃないかと信じています。

子どもの頃からハサミが本当に好きでした。

よくよく思い返してみると、紙に絵を描くより、紙を切って貼って立体物を作った記憶の方がはるかに多いです。

私が自分で覚えている中で最古の自作立体物の記憶は、幼稚園の時に作った「ほうき」と「ちりとり」だと思います。

自分で言うのもおかしな話ですが、幼稚園児にしてはなかなかのクオリティでした。

んん、思い出だから美化されているのかもしれません。

紙とハサミとテープを与えておけば、静かな子どもだったと思います。

まぁでも、今でも、紙とハサミとテープをいただければどれだけでも時間潰しが出来る気がします。

すっごい大きな物とか作りたい。

新聞紙で怪獣とか作りたい。

大人になっても、根本的なところって変わらないんですね。

工作が好きで、運動が苦手で、ディズニーを愛している中川は、もう幼稚園の時には出来上がってたもんな…。

というわけで、次は智子さん。

自分の、「昔からここは変わらないな」と思うところを教えてください。

ではでは!