読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラログ

滋賀県湖北で活動する5人組の「劇団プラネットカンパニー」のブログです。

公開稽古をします!(昌美)

こんにちは、中川です。

最近あったかいなぁ、なんて思っていたら、昨日すっごい寒くて衝撃的でした。

昨日の稽古場はほんと寒かった。

今日も稽古ですが、昨日よりは暖かいといいなと思っています。

さて、ここで一つお知らせです。

ラカンが初めての公開稽古をします!

*****

◆プラカン『TEN』公開稽古開催!◆

■ 日時:3月25日(金)19:00~21:00 ※途中入退場可

■ 場所:米原公民館2階2AB(JR米原駅から徒歩5分程度)

■ 料金:無料

■ 定員:20名程度/要予約(最低開催人数5名)

■ ご予約フォーム ⇒ シバイエンジン-prism-webフォーム


今年は、春が京都公演、冬が栗東公演ということで、地元湖北での本公演がありません。そこで、出来るだけたくさん湖北で小さなイベントをしていきたいと考えておりまして、その第一弾がこの公開稽古です。
通し稽古ではありません。衣装も着ていません。ただの、素の、プラカンの稽古です。 
5人がワイワイガチャガチャしながら、でも真剣に芝居を作っている風景を観察していただけたらなと思います。
稽古の最後には、質問を受け付けさせていただく等の交流コーナーも考えております。
ぜひお気軽にお越しください。たくさんの皆様に遊びに来ていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

*****

というわけで、よろしくお願いします!

 

それでは、お題にいってみましょう!

山の思い出?

滋賀の山?

うーーーーーーーーん。

子供の頃、珍しく父と弟と私の三人で山に出かけたことがあります。

小学校入ったくらいだったかな。

どこかは忘れました。

それなりに低くて、舗装されてて、サクサク登れる山。

そこの麓にある公衆トイレに、すっごいたくさんの大きい蝶がいて、すっごいこわかったです。

山を登った記憶も、山頂の景色の記憶も、何にも覚えていませんが、そのトイレの光景だけは鮮烈に覚えています。

あー、こわかった。

でも、多分そのトイレちゃんと入ったと思うんですよね。

すげーな、子供の私。

今なら無理だ。

叫んで逃げるレベルだ。

そんなこんなな、山の思い出でした。

 

それでは次はあさこさん。

ラカンの公開稽古がありますが、「多分、これってプラカンの稽古独特なんだろうな…」と思う事があれば教えてください。

なかったら稽古中にあった最近の出来事を教えてください。

 

では!