読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラログ

滋賀県湖北で活動する5人組の「劇団プラネットカンパニー」のブログです。

信頼でできている( 雅子)

こんばんは!北村雅子です。

劇団プラネットカンパニー2016春公演【TEN】、お陰さまで無事終演させて頂きました!

関わってくださった皆様、応援してくださった皆様に心から感謝いたします!m(__)m

ありがとうございました!

初の京都公演で、たくさんの気付きを頂きました!

皆で心をぐっと合わせる重要さ、スタッフ、役者を信じる大切さ、芝居のやり方、もっと宣伝部分でやれることがあったな…という反省。

毎回次への課題と希望を頂けるんですが、今回は何よりメンバーとの絆がまた深まった、とても大切な作品になりました。

5人組になって、2012年リトルロックシティノートで初めてダブルコールを頂き、今回TENでトリプルコールを頂けたことも本当に有り難くて、忘れることはないでしょう。

初ダブルコールばりにテンパってましたね、座長!(笑)

今回印象に残ったことは、本当にたくさんあるんですが、大体残るのはハプニングや失敗が残るものです。

今回も色々あったんですが、地味に私がやった、自分ナイス!な部分を公開します。

メンバーやなく自分かいっ!ってな(笑)

今回舞台の大転換があったんですね。ガラッと舞台セットが変わるんです。

暗転中に舞台セットを舞台裏に持っていくんですが、私が袖にスタンバイしたとき、目の前に筆(小道具)が落ちてるじゃないですか!

うわっ!誰のや!と思って、舞台が暗くなる前に場所を覚えて、暗転中に本来持ってハケる舞台セットを持つ前に筆を拾い、セットと共に片付けました。

我ながら冷静にできたな、と。

でも今回、皆がみんなフォローし合えた回もあり、本当に舞台は皆の信頼と助け合いが大切なんだなぁと感じました。

この気付きを12月の舞台にも持って、さらに良い舞台を作りたいと思います(o^o^o)

是非、次回もご期待ください!!

では、次は智子。

今回のTENで一番気合いを入れたことは何ですか??

よろぴくぴく☆